FC2ブログ

薬屋おばさんの独り言

毎日アトピーで悩む人との漢方相談から個人的趣味のお話まで

上海旅行 出発!!

さぁ~、行ってきましたヨ!

まず、当日の朝、河内天美のいつもの場所でバスに乗って待てど、お一人お越しになりません。

電話を入れてみると本人さんがすぐに出られて
「えぇっ!? 旅行は明日じゃないの?」ってお言葉。
おいおい、ちょっと待って、3日前にも電話入れたじゃない!・・・

急きょ社員が特別にお迎えに行きました。

集まった人達だけで関空まで出発です。
出発にパンとお茶を差し上げます。
「うち、冷たいお茶は要らん!  熱いのを買ってきて!」
えぇっ!?  コンビニはすぐそこですよ!
それでも買ってきたら、
「一口しか要らんから、コップないの?」
・・・誰がもってくるのさ!  要らんかったら捨てて下さいヨ!・・・
⇒これはモチロン言いませんが・・・

で、勘違いしていたお客様が関空に到着しました。
其の頭はぼうぼう、ノーメイク、パスポートと旅行鞄を持って合流。
皆のところへやってきたものの、お詫びの挨拶ひとつナシ!
ガアガア、わいわい、朝起きたところから今迄をひとしきりがなり立てる。
ま、しかし、無事に出発。

「煙草を買っておきたいけれど、軽い煙草ってどれ?」
・・・煙草吸わないうちが解かるもんですか!  でも、周りに聞きまくって選ぶお手伝いをします(ぐすん↓)

やっと離陸です!
上海はとても良いお天気です。
先週1週間はずっと雨だったそうですが、今日からとても良い天気
ラッキー!!
うちの雨男が随行してないからでしょうか?! ⇒怒るかなっ?(笑)

到着後リニアモーターカーに乗って市内へ出ました。
8分の乗車です。  あっという間に市内に出ました。
続く・・・


アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂

  1. 2012/03/15(木) 15:30:26|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫と認知症の関係

孫の保育園の行事(祖父母との集い)に出席するため和歌山の保育園まで行ってきました。
嫁ちゃんの体調が悪い(風邪かも???)ってんで、前日の夕方から動きました。
夕飯を一緒に食べて、孫をお風呂に入れて、・・・

疲れまっす!!

で、始まる20分くらい前に保育園に着いたのですが、すでに何人かのおじいちゃん、おばあちゃんが来てました。
「すみれ組さんのおじいちゃん、おばあちゃんは奥へ!
あやめ組さんのおじいちゃん、おばあちゃんは手前に座ってください!」って先生が指導しているんですが、遊戯室へ入ってくるおじいちゃん、おばあちゃんのほとんどが孫の名前を告げて組を聞いていきます。

自分の孫の組も知らない??って?

集いが始まって、祖父母の自己紹介から始まりました。
「あやめ組の○○のおばあちゃんです!」って具合に言っていくのですが、
「○○組の△△のおばあちゃんです!」ってしゃべって、皆が園児をきょろきょろと探しましたが、
その名前の園児はいません!

先生いわく!
「おばあちゃん! それはお父さんの名前ですヨ!」って→爆笑!

いったい平均年齢は何歳くらいになるのでしょうねぇ~
こんな風にならないようにがんばりましょう!

さて、うちの番が来ました!
「あやめ組の琴奈のばあちゃんです。1時間半の集いに片道1時間半かけてやってきました!」
→これも、爆笑!

その後、コマ回しやダンスや歌に、あっという間の1時間半。

お礼を言ってすぐに大阪へUターン。

紀ノ川でお昼をとって、2時間かかって帰ってきました。

でも、やっぱり行ってよかった!



アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂
  1. 2012/02/08(水) 19:51:28|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

今年になってこのページを開いて、びっくり!!

だって、血尿ですって!!!!

年末年始から台湾へ行ってました。
日本へ帰ってきて年賀状をみたら、「病気か?」ってのが多いこと!(えへっ!)

また、これから気合い入れて書きまっすネ!


アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂
  1. 2012/01/06(金) 18:10:43|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソウル旅行 その1

この13、14、15日の3日間、お客様と一緒に約40名でソウルへ行ってきました。
この旅行は以前から決まっていたので、地震や津波の件でずいぶん行こうか止めようか迷いましたが、やっぱり行くことにしたのです。

お店からは永ちゃんとうちの二人。
H交通社から添乗員が一人。
一人で約13人のお世話をするということになります。

良いお天気です! 
まずは天候に恵まれました。

天美の駅前にバスを用意してあるのですが、バス会社はうちの住まいの近所です。
30分ほど前にガラガラとトランクを引っ張ってそこへ行きました。

「今日はよろしくお願いしま~~~す!」
「えっ?」
「直接関西空港へ行かれる方は一人なので、38人がバスに乗るんですけど、
この大きさのバスで大丈夫ですか?」
「えっ!? そんなの聞いてないよ!!」
「うっそぅ!!!!」
「すぐに運転者をもう一人呼びますわ!  それにしても早よ来てくれて良かったわ!  もう少しで出発して駅へ向かうところやったわ!」
「うっそぅ!!!!」

危ない!  危ない!

駅に着いたら次々とお客さんが乗り込んでこられます。
チェックをして次々に乗ってもらいます。
点検を済ませてうちが乗ると後ろの席しか空いていません。
(当たり前だわねぇ~)

うぅ~~~、気分悪い!! でもそんな顔できない!
(うちだってバスは弱いのヨ!)
吐きそうな寸前で到着。→やれやれ、ホッ!

パスポートの確認が済みいよいよ登場口へ向かいます。
ここで、永ちゃんにお願いをする。
「あんた!  背が高いから先頭をゆっくり歩いてや! うちは必ずこの旅行の間はお客さんの後ろから人数、荷物の確認をして附いていくからね! 添乗員はうちのもう一つ後ろから責任もって来てもらうからね!」
「はい はい!」

さて、時間が来ました!
鞄を二つ持ったお母さんがおろおろしていてます。
「どうしたの?」
「お父さんがトイレに行ったままもどってこない!」
「えぇっ!!」

「うちがこっち。添乗員さんがあっち。 おかあさん!ここを動かないでネ!」
「○○さぁ~~~ん!」
恥も外聞もあるもんですか、思い切り叫びながらロビーを走りまわりました。

居ません!

「添乗員さん! 今度はあなたがこっち。うちがあっち」
それでも出会いません!

そうだ! アナウンスで呼び出してもらおうって考え、頼みました。
それでも、出てきません!
(あ~~~あ、初めからこれか!  どうしましょ!)・・・そう思ったところへ
「すみません! 道に迷ってしまいました」ってお父さん到着。

やれやれ 一安心。

後、搭乗するまで10分あります。
JCBのラウンジへこっそり一人で入ってコーヒーを飲んできました。(ふぅ~)

金浦空港へ無事につきました。
飛行機を降りたらニンニクの臭いがプ~~~ン
ここだけは昔と変わっていませんでした。


アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂
  1. 2011/04/19(火) 14:02:17|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花見と市岡の森

日曜日に櫻島まで出かけました。
ユニバーサルスタジオだって、久しぶりなのに、
ずいぶん遠いところまで出かけていったような気がしました。
お天気はまさにお花見天気!!
雨でも行かねば行けないと気負っていたものですから、
ホント、うれしかった!

その小旅行は、松原から近鉄乗って、天王寺でお弁当買って、
JRに乗り換えて、環状線に乗り、西九条からそのまま桜島へのゆめ咲き線に乗り
やっと桜島。
そこから、バスに乗ってロッジ舞州
とにかく、初めてなんで、すごい旅行気分です。

その場所では毎年、同じ時期にお花見を開いています。
その場所の名前は「市岡の森」
もっとも、まだまだ桜が育っていないので、「市岡の原っぱ」って感じです!
途中から乗ってきた二人の女性はなんとなく年恰好が似てるような気がして、
どこで降りるのかと見ていたら同じところでした。
「市岡の森」ってどこにあるんやろ?
そのセリフを聞いてはじめて、「同級生や!」って思いました。
9組もあるし、永いこと会ってない人だととても同級生だとは解りません。

やっとたどり着きました。
そこは市岡高校の先輩たちや後輩たちが桜の木を植樹している場所なんです。
すでにビニールシートが用意されていて、そこで、弁当を食べ、アルコールを飲み、
新旧役員の引継ぎ会も開きました。

何年経っても、「○○君!」に「○○ちゃん!」
同級生に会うと心がホッコリします。

現役の下級生ブラスバンド部の人たちがわざわざ楽器を持ってきて、演奏してくれました。
これからうちら17期生は2年に1回の割合で同窓会を開くことにしたので、
来年の秋には開催です。

連絡網はメールです!
この辺が今風でしょ!
(当たり前でしょうかぁ~  あはは!)

でも、校歌を聴くと、胸おどり、涙がにじみます!
昔に、あのときにもどりた~~~い!
うちの青春よカムバック!

金剛山はほのぼおのと~・・・・


アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂
  1. 2011/04/12(火) 22:38:24|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ