FC2ブログ

薬屋おばさんの独り言

毎日アトピーで悩む人との漢方相談から個人的趣味のお話まで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソウル旅行  その2

さて、ソウルに着いたら早速国立博物館やお寺を見学です。
見事な赤、青、緑に色づけされた屋根を現地の添乗員さんが説明してくれます。

「上が青で、横に赤で、真ん中が黄色で主に五色の色使いで塗られています。
これは方向も意味しているのです。」ってね。

ふぅ~~~ん、ここは韓国。
ナノに中国で発展した五行論の色使いと同じなんだ! →不思議!!

何故真ん中が黄色なのか説明は無し!→当たり前だわネェ~観光ガイドさんなんだから・・・

で、「すご~~い!」ってうなずいていたけど、下に補足しておくね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
五行を方角であてはめると、北は黒で水(腎)、南は赤で火(心)、東は青で木(肝)、西は白で金(肺)になります。
そうすると、黄で土(脾)の部分が余ってしまいます。
そこで、黄土をなんと中央にあてあめます。中央って方角なの?と思いますが、中央は方角の中で一番偉く東西南北を支配しています。
ですから、中国の皇帝は、黄帝といい、いつも黄色い服を着ています。
五行を数であらわしたものを生数といいます。水は1、火は2、木は3、金は4、そして土は5です。
土は中央で、四方に影響力をおよぼします。
ですから、水の1は、中央5の影響をうけ、5+1で6になります。これを成数といいます。
他の方角も同じです。
これを別な見方からいうと、5は脾で、後天の代表です。
人間は先天的な部分と後天的な部分をもちあわせています。
ですから、先天の部分に後天の部分をあわせて成数とします。
ちょうど脈診で、後天の胃気はすべての部位に現れる事と似ています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しっかり見学した後は東大門の散策
「みなさ~~~ん、はぐれない様についてきてくださいよ!」って決めた順番で見物歩き。
しかも、決めた時間にこのバスのところまで必ずもどってきてね!って言ったのに・・・
やっぱり、二人が見つからない!

「どうしましょう。 さがしにいきましょうか?」
添乗員さんの手馴れたお言葉。 →結構こういう人が多いんでしょうネェ~

しかし、
遅れること5分。 お菓子をほおばりながらゆうゆうお出まし。 
やれやれです。

さぁ~、お待ちかねの夕食です。
1日目の夕食は韓国名物の焼肉です。
5皿ほどあるキムチと一緒にお肉が焼かれていきます。

「さすが、本場ですねぇ~」とかなんとか、本当に平均年齢71歳の方々の集まりなんでしょうかぁ~
食べる! 食べる! 食べる!

そこで、うちはひたすら
「アガシ!  キムチ ハナチュセヨ!」

そう!
「お嬢さん!  キムチ一つ頂戴!」っておらんでばっかりしてました。

ビールに焼肉、キムチ
確かに美味しい!  最高!
それでもちょこっと物足らないからチヂミを注文して皆で分けて食べました。
十分満足してホテルに着きました。

部屋は二人部屋です。
うちと一緒の部屋になるOさんが聞いてきました。

「先生! 私のこと覚えてる?」って
「ええ、よく覚えていますよ!  ○○で会った○さんですよね!」
「髪の毛が白いから覚えていてくれたん?」
「いいえ、お誕生日にお花をお店からプレゼントした時にこんなすぐにしおれる花よりもきゅうり3本の方がうれしいわ!ってショックなことを言われたんで覚えていたんです!」
つい、素直にそう言ってしまいました。(笑)

さぁ、今晩からこの方と2泊いっしょです。
この方、とても旅なれている方で、おもしろいことをたくさん聞きました。
次はその話の中身を少しご紹介!


アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂
スポンサーサイト
  1. 2011/04/24(日) 21:08:27|
  2. ゴルフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご無沙汰で~~~す! | ホーム | ソウル旅行 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanpou938.blog70.fc2.com/tb.php/188-259c1581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。