FC2ブログ

薬屋おばさんの独り言

毎日アトピーで悩む人との漢方相談から個人的趣味のお話まで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クチナシの花

お店のすぐ横を流れる西除川の遊歩道に面してくちなしが植えられています。
ぼちぼちこのくちなしの花が咲きだしました。

ビロードのような厚みのある白い花びらに甘い香り
・・・この花が大好きです!

少し採ってきて、薬の空き瓶にさしてお店に飾ってみました。

「それも、漢方!?」ってお客様もずいぶん練れてきたものです。
この前のドクダミが店の前に陰干しされているのを知っているので、普通に聞きます。

「そうですよ!」
「栗きんとん、たくあんの色つけに使うんやで!」って結構お客さんの方が知っていたりする!!

「くちなしの白い花ぁ~、お前のよう~~~な・・・」
うちは渡哲也のこの歌の方が先に頭に浮かびます。

この歌が流行った時を調べてみました。
ナント!
1996年. そう!もう15年も前でした。  ガクッ!!

生薬として調べた面白いことをちょっと下記に書いておきます。
歌手ではなく薬剤師の迪子さんですから!(笑)

茜(あかね)科。
・学名 Gardenia jasminoides(クチナシ)

Gardenia(ガーデニア)は、 18世紀のアメリカの医師かつ博物学者の、
「Garden さん」の名前からついたみたいです! びっくり!!

・開花時期は、 6/15頃~ 7/ 末頃。
一重ものは早咲きで八重ものはやや遅咲き。

・いい香り。遠くからでも香ってくる。

・実(み)はオレンジ色で薬用・染料になる。
無毒なので、布以外にも、 きんとん、たくあんの着色料にもなる。

・八重咲きものは実がならないが 一重咲きものは実がなる。

・実の口が開かないところから ”口無し”の名になった。

・「梔子」の漢字は漢名に由来。




kuchinasi


アトピーにつよい漢方相談のまなべ妙薬堂
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) 17:45:53|
  2. アトピー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ごめんなさい! 間違ってました。 | ホーム | 予感的中!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanpou938.blog70.fc2.com/tb.php/196-aead050d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。